LEXUS GS300h カーオーディオ機能紹介

LEXUS GS300hのカーオーディオの使い勝手についてインプレッションしてみます。
動画も撮ってみましたが、ディスプレイが少し見切れてて残念な感じですみません^^;

オーディオソース

標準カーナビだと、次のオーディオソースが使えます。FMラジオ、AMラジオ、AUX、TV、Bluetooth、CD/DVD/Blu-ray、SDカード、USBメモリ、AUX。
普段音楽を聞く用にSDカード、誰か友達が来たりしたときはUSBメモリに曲を入れてきてもらうとかいう使いかたが一般的なのではないかなと思っています。
CDしか聞きませーん、パソコンやスマホなんて持っていませーん。という人のために、CDを入れたらSDカードに録音する機能もありますので、CDしか持ってないという人も安心して使えますね。

操作性について

初めての時は、いっぱいアイコンがあるし難しいのかなぁ?と思ってしまいましたが、5分もすれば使えるレベルに簡単です。基本的な操作はリモートタッチの「MENU」ボタンか、「Audio」ボタンから始まります。画面上部の「オーディオ選択」でソースを選択したら、あとは選曲するだけです。

曲は「フォルダ」「アーティスト」「アルバム」の単位で分類されます。これらの情報は、MP3などのタグ情報からきちんと読み込んでくれて、当たり前ですが日本語対応しています。同じ「アーティスト」の曲が、何百曲もあるとちょっと選ぶのが大変、という感じです。

基本的には、リモートタッチ機能を使って、とても使いやすいカーオーディオですが、選曲の時にリスト送りをすると、勝手に次のページの曲が流れだすというのがとってもいけていません。自分で聞きたい曲を選んだ時までは、Currentの曲を流し続けて欲しいなぁと思いますが、私だけですかね?

音質は、私の腐った耳ではマークレビンソンを入れていない標準状態でも、ビビることはないですし、とっても良い音に聞こえます。良い耳を持っている人はマークレビンソンを入れてみるのが良いのではないでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です