LEXUSのアダプティブハイビームシステム(AHS)

車を運転していて、基本的にはハイビームで走りたいのですが、対向車が来たり前方車がいるとロービームに落とさないといけないので、ハイ・ロー、切り替えで随分と忙しくなりますよね。

ロービームで走ることの危険さ

ハイビームってなんですか?とかいう人が時々いますが、信じられないですね。免許取得するときに必ず勉強するはずなんですけど、すっかり忘れてしまっているのか、真っ暗な道で対向車も前方車もいなくてもロービームで走り続ける人が時々いるようです。ハイビームで走り続けるのに比べれば随分とマシですが、ロービームで走るのはとっても危険なのです。光源のない人や、道路上の落下物にぶつかってしまう可能性があります。

このような危険さを紹介したJAFの動画を見つけました。

最近流行りのオートマチックハイビーム、アダプティブハイビームシステム

ハイ・ローを切り替えるのって案外面倒くさいですよね。面倒だからロービームで走り続ける人がいるのかな、とは思います。
最近では、LEXUSに限らずですが、オートマチックハイビーム(Auto High Beam: AHB)とか、アダプティブハイビームシステム(Adaptive High-beam System:ABS)のように人に迷惑をかけないように、自分の視界を確保する技術が出てきています。

オートマチックハイビームは、対向車や先行車がいないことを検知すると自動的にハイビームに切り返る仕組みです。最近では、軽にもついている、らしいですね。
アダプティブハイビームシステムは、全体的にはハイビームにしておきながら、対向車や先行車がいる場合には、その部分だけをロービームにして部分的に遮光するという仕組みです。

LEXUS GS300hのアダプティブハイビームシステム

LEXUS SAFETY SYSTEM+の一つである、アダプティブハイビームシステムについてはメーカーが作っている機能解説動画はあるものの、実際にどのような動きになるのかが記録されているドラレコ動画などがなかったので、作ってみました。

対向車が来ると、部分的に遮光をしている様子がよくわかると思います。ドラレコの動画なので、少しわかりづらくなっていますが、肉眼で見るともう少しわかりやすくなっています。

 

ちなみに、lexusjpchannel公式の動画は以下です。車を購入するまえとかにいろいろと確認してみましたが、CGでの紹介が多いです。CGだけじゃなくて、実写で説明してくれてもいいのにね~とか思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です