LEXUS GS300h パワートランクリッド

LEXUS GS300h(2016年モデル)には、パワートランクリッドがオプションでつけられるようになっています。オプション価格は54,000円です。

パワートランクリッドとは

そのまま日本語にすると電動(power)の、トランク(trunk)の、フタ(lid)。です。トランクルームとか、トランクという言葉は一般的に理解されている気がしますが、私はオートトランクリッドとか、トランクリッドってなんだよ?とか思ってしまいました。で、調べてみると、Lid = ふた という感じの意味のようです。

パワートランク っていうと、意味としては電動のトランクルームみたいな形になるので、そのフタの部分だけが電動だよ!ってことを言いたいのだろう、と解釈しました。

レクサスGSのトランクルーム

トランクルームですが、私は最近の流行りにまかせて、スペアタイヤを積んでいないので床の下は小物入れになっています。容量が何リットルなのかイマイチわからなかったですが、サイズの表現でいうと、ゴルフバッグが4つ入るサイズです。(LEXUS ISはゴルフバッグが3つしか入らない!)3つしかゴルフバッグが入らないと、みんなでゴルフに行けないし、ちょっとコストコで大量に買い物したらトランクに入らない~とかなりそうですね。

トランクリッドのアームの主張はあまり激しくないので、邪魔にならないと思います。

ちなみに、トランクから室内への扉はありませんので、長物とかを格納することはできません。

トランクリッドの開け方、閉め方

トランクの開け方は3種類の方法があります。

  1. 運転席にある、トランクオープンボタンを押す
  2. リモコンキーの、トランクオープンボタンを長押しする
  3. リモコンキーを持った状態で、トランクリッドについているトランクオープンボタンを押す

この3種類です。ただ、閉める方法は1種類、トランクリッドについているトランククローズボタンを押す。だけです。(そのまま普通のトランクみたいに閉めても良いですけど、強く閉めるのは辞めて欲しいっす)

この閉める方法が1種類っていうのがいけてないんですよね。例えば、誰か友達の荷物をトランクに乗せていて、家まで送り届けたときとかにトランクを開けるじゃないですか。そのあと、荷物取ってもらったらさりげなく閉めてあげたいですよね、これが運転席からできないのです!

友達に閉めてもらうにしても、ボタンを押せば閉まることを知っている人なら良いですが、そうでなければ、そのまま閉めちゃう感じになってイヤなんですよね。だから、わざわざ一回降りてトランクのところまで行って閉めるボタンを押さないといけないのです。スマートじゃないですね。(BMWとかベンツとかは車内のボタンで閉められますので、国産車の自主規制でしょうかね?)

そのうち、トランクリッドの閉めるボタンの配線を、運転席まで引いてみようと思っています。

前置きが長くなりましたが、パワートランクリッドの動画をアップしましたのでご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です