シートベルト警告音を無視し続けるとどうなるか

久々の動画投稿です。

今回はレクサスのシートベルト警告音について解説します。

シートベルトをしないで走行をすると、シートベルトの警告音がまず1回だけポーンっとなります。
そのまま無視し続けると、ポーン、ポーンと連続して鳴るようになります。
さらに無視し続けると・・・?

続きは動画でご覧ください。

ちなみに、シートベルト警告音を解除したいという人向けの情報ですが、以前のTOYOTA車は次の方法で解除が可能でした。

  1. 電源ONの状態で、ODO(総走行距離)状態にする
  2. 電源をOFFにする
  3. 電源をONにして、5秒以内にリセットボタンを15秒以上押す
  4. リセットボタンを押すたびに、b-onとb-offが切り替わるのでb-offにする

しかし、2016 LEXUS GS300hではこの方法は使用できず、シートベルト警告音の解除はできませんでした。

助手席については、妊娠中などの理由があれば、ディーラーでシートベルト警告音を解除することができるようです。

 

シートベルトはきちんと締めましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です