スピードメーターのカスタマイズ

今日は、Youtubeコメントでもご質問いただいた、スピードメーターのカスタマイズ方法について記載します。

LEXUS GS300hのスピードメーターは液晶メーター

これまでに公開された動画を観ていただいた方がたはおわかり頂いているかと思いますが、2016 LEXUS GS300h F Sportのスピードメーターは液晶メーターです。物理的な針は、温度計と燃料系のところにしかなく、スピードメータについては針も含めて液晶表示です。

液晶表示なので、デザインを変えることができるというのがメリットです。デメリットは、物理的な針の動きに比べると、滑らかさが足りない、ということになると思いますが表示速度も早いので全然デメリット部分は気になりません。(気になる人は、液晶テレビとかも見れないような人たちだと思います)

以前は、テレビゲームなどで、一生懸命アナログメーターのエミュレーションをしていましたが、最近は実物がゲームに近づいたように感じますね(笑)

液晶メーターの表示は3種類

GS300hの液晶メーター表示は3種類あります。

  1. 自動切替(通常時はハイブリッド、スポーツモードでタコメーター)
  2. 常時タコメーター
  3. 常時ハイブリッド(HV)メーター

それぞれの写真は次のような感じです。

GS300hの工場出荷時のスピードメーターデザインです。回転数とかは見えません。

GS300hの常時タコメーター表示にした場合のデザインですタコメーターの数字部分が黒いデザインになっているのが特徴です。
GS300hのスポーツモードに変更したときのスピードメーターデザインです。数字部分が白色背景になっているのが特徴です。

スピードメーターでその他にカスタマイズできるのは、メーターの針の色(3種類)と、エンジンが一定回転数になった場合にREV表示をするREVインジゲーターについてです。

もっとカスタマイズしたい

スピードメーターは、車に乗っている間、もっとも長く見るものではないかと思っています。運転している本人しか見ないので、デザインを変更しても完全に自己満足の世界ですが、もっといろいろカスタマイズできても良いのにな!と思ってしまいますね。

カスタマイズの方法については、動画もアップロードしましたのであわせてご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です